1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ターンイットイン・ジャパン、デジタル採点ツールGradescopeの日本語正式版を提供開始

2022年3月17日

ターンイットイン・ジャパン、デジタル採点ツールGradescopeの日本語正式版を提供開始

ターンイットイン・ジャパンは15日、デジタル採点ツールGradescopeの日本語正式版の提供を開始したことを発表した。

Gradescopeは、デジタル採点を活用した学習評価プラットフォーム。2021年9月のパイロット版を経て、英語、スペイン語、韓国語、トルコ語に加え、日本語正式版の提供を開始した。

紙ベースだけでなく、オンラインの課題やソースコードの課題でも、作成、採点、管理が可能で、対面授業、オンライン授業、ハイブリッド型学習において、様々な科目と問題形式に対応している。

教員は採点にかかる時間を大幅に短縮し、授業の質を保ち、学生との時間を増やすことができ、採点における公平性を保つために、学生の氏名等を非表示にして採点を行う機能を備えている。

詳細

関連URL

ターンイットイン・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス