1. トップ
  2. データ・資料
  3. 大学院生の親、8割以上が「子どもが大学院に進学してよかった」と回答=アカリク調べ=

2022年3月17日

大学院生の親、8割以上が「子どもが大学院に進学してよかった」と回答=アカリク調べ=

アカリクは16日、大学院を修了し、民間企業に就職する大学院生の子がいる親73人を対象に実施した、「大学院修了に際した子どもへの想いに関する実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「子どもが大学院に進学して良かったと思うか」と聞いたところ、「非常にそう思う」60.3%、「ややそう思う」20.5%、「あまりそう思わない」4.1%、「全く思わない」0.0%、「どちらともいえない/わからない」15.1%という結果になった。

「子どもが大学院に進学して良かったと思う理由」を聞いたところ、「興味のある学問を追求することができたから」62.7%、「その後のキャリアに活きると思うから」55.9%、「大学院生活を楽しんでいたから」52.5%、「人間面での成長を感じられたから」28.8%などの回答だった。

このほか、「自分の考えで将来をみてしっかり歩き出したように思えた」や「研究を通じて人脈を広げることができた」など38の声が寄せられた。

また、「大学院までの学びを、子どもに社会でどう発揮して欲しいと思うか」を尋ねたところ、「専門的な知識を生かすというよりも、長く学んだことを活かし広い視野で物事を見てほしい」や「専門知識だけでなく、学会発表経験や後輩の指導などコミュニケーションスキルを役立てて欲しい」など48の声が寄せられた。

「大学院を修了し、新たな1歩を踏み出す子どもに期待すること」を聞いたところ、「何時でも学習と研究をする事で、社会に貢献しながら楽しい人生を歩んでほしい」や「多様な価値観を受容しつつ、物事の価値を見分けられるよう、普段から意識して情報に接してほしい」など49の声が寄せられた。

この調査は、大学院を修了し、民間企業に就職する大学院生の子がいる親73人を対象に、3月2日〜7日にかけて、インターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

アカリク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス