1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マクドナルド、小学校の授業で使える「みんなで!どう解く?」オリジナル教材を無償公開

2021年10月11日

日本マクドナルド、小学校の授業で使える「みんなで!どう解く?」オリジナル教材を無償公開

日本マクドナルドは7日、ポプラ社が発行する「答えのない道徳の問題 どう解く?」と協力し、子供たちが自由な発想や思考力を育むサポートをするマクドナルドのプロジェクト「みんなで!どう解く?」において、全国の小学校の授業で利用可能なオリジナル教材として、児童向けのワークツールや、先生向けの授業台本などを特設サイトで無償公開した。

「みんなで!どう解く?」プロジェクトを通して、小学校の教員から「間違えることを恐れずに、自由に考えて自分の意見を発表する機会を作ってあげたい」、「クラスメートとの対話から、いろんな考えや価値観があり、人と違うのは悪いことではないということを伝えたい」といった思いを持ちながら、一方で、「授業での取り入れ方がわからない」「授業の準備に時間がかかってしまい、授業の進行もうまくいかないことがある」という現状を聞いた。同社は、このような教員の思いに寄り添いながら、子供たちの成長と発達をサポートするため、今回オリジナル教材を開発。

教育関係者と連携して制作した授業進行台本などの教員向け授業運営ツールで、教員の授業の進行をサポートするほか、子供たちのなぜ?を引き出し、問いを考えるヒントとなる「問いづくりヒントカード」をはじめとした、子供たちの思考や対話をサポートする児童生徒向けワークツールも多数用意。初めて「みんなで!どう解く?」に触れる教員や子供たちでも、正解がないからこそ、自ら考え、間違いを恐れずにお互いの意見を交わしあい、さらに、多様性を理解しながら物事の本質について考えるという学びを実践できるという。

関連URL

「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」オリジナル教材

「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」プロジェクト

「答えのない道徳の問題 どう解く?」

マクドナルド

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス