1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NOMON、身近な事例で科学を学ぶスペシャルコンテンツ「イノチのカガク」を公開

2021年10月11日

NOMON、身近な事例で科学を学ぶスペシャルコンテンツ「イノチのカガク」を公開

NOMONは7日、世の中にあふれる情報に科学的マインドをもって接し、自分なりに考え、探求し、検証することを楽しみながら学ぶ「イノチのカガク」を、オウンドメディア「LIFE IS LONG JOURNAL」内に新設コンテンツとして公開した。

最先端科学には、人類が現時点で掴んでいる最新の情報が集約されている。そこに含まれるのは、地球、自然、生物そして人間に関する情報。これらを有効に活用すれば、私たちは「幸せ」になれる。けれども、最先端科学は日常生活から離れたところにある。制作メンバーの夢は、最先端科学を日常生活に浸透させること。そして人がよりプロダクティブに、かつ幸せに、生きていく手助けをしたい。「イノチのカガク」は、このような考え方に基づいて生まれたという。Well-beingやPlanetary healthを前提として、最先端科学を日常生活につなぐ橋渡しをめざす。

コンテンツ概要

目的:
・最先端の科学と身近な出来事を結びつけるきっかけを作る。
・医薬品、食品やライフスタイルと最先端科学との接点を紹介する。
特徴:
「イノチのカガク」は、いつも素朴な疑問を抱く少女・カホちゃん、なぜかカホちゃんと仲良くなり地球人に興味津々の宇宙人・ライフ君、カホちゃんを取り巻く博士たちの会話で話が進められていく。「健康長寿」に関する最先端の知見が得られるような情報を各テーマで提供。
構成・対象:
【3つのストーリー】
・「カホちゃんのギモンシリーズ」…小学校高学年から中学生ぐらいが対象
・「カガクマスターシリーズ」…生命科学に興味を持つ親世代が対象
・「ライフくんの人間研究シリーズ」…小学校高学年から中学生ぐらいが対象
【6つのテーマ】
1.息する/2.食べる/3.感じる/4.強くなる/5.受け継がれる/6.こころ
制作メンバー:
・佐々木 敦朗氏(University of Cincinnati College of Medicine、Associate Professor。慶應義塾大学・先端生命科学研究所特任教授。海外日本人研究者ネットワーク(UJA)設立理事/現・外部顧問)
・早野 元詞氏(慶應義塾大学医学部および理工学部特任講師)
・佐田 亜衣子氏(熊本大学 IRCMS 特任准教授 筑波大学 TARAセンター 客員准教授)
・山名 慶氏(NOMON代表取締役CEO)
・竹林 篤実氏(理系ライターズ・チームパスカル代表)

イノチのカガク 

関連URL

NOMON

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス