1. トップ
  2. 学校・団体
  3. プラン、世界ガールズ・レポート 2021「The Truth Gap~女の子が直面するオンライン上の有害な情報~」発表

2021年10月13日

プラン、世界ガールズ・レポート 2021「The Truth Gap~女の子が直面するオンライン上の有害な情報~」発表

プラン・インターナショナルは11日、国際ガールズ・デーに合わせ、世界ガールズ・レポート 2021「The Truth Gap~女の子が直面するオンライン上の有害な情報~」を発表した。

レポートでは、オンライン上の誤った情報や偽情報(フェイクニュース)を 女の子や若い女性がどのようにとらえ対処しているか、これらの情報が心身の健康に及ぼす影響について調査した。

急速に進むデジタル化の中、オンラインでの誤った情報や偽情報(フェイクニュース)の拡散が、女の子たちのメンタルヘルスに悪影響をもたらし、彼女たちの健全な成長や権利の実現を阻む要因になっていることが判明した。

調査の結果、オンラインでの誤った情報や偽情報に懸念を抱いているのは若い女性の91%。87%が、誤った情報や偽情報によってネガティブな影響を受けている。また、46%が、誤った情報や偽情報の結果として、悲しみや気分の落ち込み、ストレス、心配、不安を感じている。

4人に1人が、自分の意見を他者に共有する自信がないと感じ、5人に1人は、政治や時事問題に関与するのをやめている。また、10人中7人は、学校や家庭で誤った情報・偽情報の見分け方について教わったことがなく、大多数が、信頼性の高いオンライン情報源は一つもないと感じている。

調査期間は、2月から5月。調査方法は、アンケート調査26カ国 2万6000人のユース女性(15歳~24歳)。インタビュー調査18カ国 22人のユース女性(15歳~24歳)、及びソーシャルリスニングによる。

ユニセフ「世界子供白書 2021:子どもたちのメンタルヘルス」によると、世界の10代の若者の7人に1人が、心の病気と診断。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの調査でも、世界の10〜19歳の7人に1人以上が、ソーシャルメディアで、心の病気に悪影響を受けていると報じている。

「国際ガールズ・デー」(10月11日)は、「性別」と「年齢」という二重の差別を受ける女の子たちの特有な問題に焦点をあて、その解決にむけて世界各国が取り組むよう、啓発し訴える日。プラン・インターナショナルの働きかけを受け、国連によって定められた。

レポート英語版全編

レポート日本語概要

関連URL

プラン・インターナショナル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス