1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本人は世界で2番目に熱心な学習者、日本で1番勤勉な県は青森県= Duolingo レポート=

2020年12月17日

日本人は世界で2番目に熱心な学習者、日本で1番勤勉な県は青森県= Duolingo レポート=

語学アプリ「Duolingo」は、2020 Duolingo Language Report(レポート)を日本時間の16日から公式ブログで公開した。


同レポートは、世界・日本国内の言語学習トレンドの自社調査をまとめたもの。今年は、COVID-19の世界的な大流行の影響で、人々の生活様式に大きな変化が見られた年。言語学習の傾向や学習方法にも大きな変化が見受けられたという。

日本国内はもちろん、世界的にDuolingoを活用する学習者が増えたことには、時代背景の影響が大きいと見受けられる。特に、日本国内では、3月11日(WHOがCOVID-19の世界的な大流行を宣言した日)から2020年4月末までの間に、2019年の同時期と比較して、新規学習者が65%増加。

言語を学ぶ上で、毎日勉強を続けることはとても大事。レポート結果によると、日本の学習者は「最も熱心な学習者」としてドイツに続き、世界第2位にランクイン。最も学習熱心な都道府県ランキングは1位 東京都、2位 富山県、3位 山形県 。最も勤勉な都道府県ランキングは 1位 青森県、2位 富山県、3位 大分県。

また、学習目的に「学校」を選んでいる人が、昨年の同期間と比較して3.4%の増加をみせた。リモート環境に移行しつつある中で、外国語学習の補足資料としてDuolingoを使用する教師や学生が増加していることが要因だという。

レポート結果を見ると、日本語は世界で最も人気の言語第6位にランクイン。「マンガ・アニメ」を含む日本文化への世界的な関心が、ランクインの要因。また、アジア圏言語への興味関心度が世界的に高まっており、「最も急速に学習者が増えている言語」ランキング第3位に日本語がランクイン。(1位ヒンディー語、2位韓国語、3位日本語、4位トルコ語、5位中国語)

関連URL

レポート(日本)

レポート(グローバル)

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス