1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classi、EDUCOMと連携して保護者向け連絡サービス「tetoru」の機能を強化

2021年11月16日

Classi、EDUCOMと連携して保護者向け連絡サービス「tetoru」の機能を強化

Classiは15日、学校支援システムのEDUCOMと連携して、2022年4月から、Classiの保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」の機能を強化すると発表した。

具体的には、tetoruの統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャー C4th」(C4th)をEDUCOMと共同で開発。C4thとのデータ連携を2022年夏から開始することで、教師が持つ情報と保護者がスムーズにつながり、両者が子どもを一緒に見守れる環境をつくる。

統合型校務支援システムは、教務系(成績処理、出欠確認、時数など)・保健系(健康診断票、保健室管理など)、指導要録などの学籍関係、学校事務系などの統合した機能をもつシステムのこと。

Classiは、統合型校務支援システムの領域で約20年・約1万校(全小中学校の1/3)の知見を持つEDUCOMと共同でtetoruを開発。今回、tetoruはC4thとのデータ連携を2022年夏に開始する。

この連携で、Classiが持つ技術力およびSaaS運営ノウハウと、EDUCOMが持つ学校校務領域での豊富な知見が合わさり、①保護者へ子どもの状況の可視化、②教師からの情報発信がより容易かつ効果的に、③情報を共有した上での教師と保護者のスムーズなコミュニケーション、などができるようになる。

tetoruは、2022年4月にリリース予定の公立小中学校保護者向け連絡サービス。現在、学校からの連絡配信機能、保護者からの欠席連絡機能、名簿登録などの管理機能のアプリケーション機能の開発検証を行っている。

今後、出欠/成績などの配信や、児童生徒からの学習成果物など、教師と保護者が一緒に子どもたちの成長を見守り、成長させていく機能の追加も順次検討。先行リリース版(β版)は、2022年1月から利用可能予定。

Classiは、ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社として2014年4月に設立。現在では、全国の高校の半数以上がサービス「Classi」を採用している。

関連URL

「tetoru」

「tetoru」(問合せ・申込み)

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 BYOD予備機にも最適! 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス