1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classi、初等中等領域での保護者向け連絡サービス「tetoru」を22年春開始

2021年8月17日

Classi、初等中等領域での保護者向け連絡サービス「tetoru」を22年春開始

Classiは16日、初等中等領域での保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」を2022年4月から開始すると発表した。

共働き世帯の増加によって、児童・生徒の保護者と学校とのコミュニケーションをデジタル化する重要性は日増しに高まっており、2020年10月には、文部科学大臣からも「保護者等に求める押印の見直し及び学校・保護者等間における連絡手段のデジタル化の推進」が通知されている。

また、高校領域を主として2014年から展開してきた同社サービス「Classi」においても、保護者と学校とのコミュニケーション機能の利用者が近年大幅に増加しており(現在:約45
万人/週・2019年度から3倍)、コミュニケーションのデジタル化によってもたらされる教師側の学校業務の削減と、保護者側の学校理解機会増の両方が求められていることを認識しているという。

このような背景を受け、同社は来年度から小中学校領域での保護者向けサービス「tetoru」を開始することを決定。同サービスは、アプリケーションを活用することによって、保護者と学校のコミュニケーションをより円滑にするサービス。先生側の学校業務削減と、保護者側の学校理解促進を実現し、学校の先生と保護者が「子どもたちの成長を見守る」時間と機会の増大に貢献するとしている。

同サービスの機能として、2022年4月時に①学校からの連絡配信機能、②保護者からの欠席連絡機能、③名簿登録などの管理機能の3つを計画しており、現在アプリケーションの開発検証を実施中。

いずれも無料で利用できる予定で、今後、名簿/出欠/成績などの配信や、児童生徒からの学習成果物/評価など、さらに先生と保護者が一緒に子どもたちを見守り、成長させていく機能の追加を順次検討し、学校と保護者をつなぐコミュニケーション含めた各種データのプラットフォームになることを目指すという。

関連URL

サービス紹介

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス