1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classi、無料で使える小中学校保護者向け連絡サービス「tetoru」正式リリース

2022年4月4日

Classi、無料で使える小中学校保護者向け連絡サービス「tetoru」正式リリース

Classiは、無料で使える小中学校保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」を、4月1日付で正式リリースした。

「tetoru」は、これまで教師と保護者の間で行われていた電話やメールなどによるコミュニケーションをデジタル化し、学校からの連絡配信、保護者からの欠席連絡をオンラインで一元管理できるシステム。

欠席連絡などのベーシックな機能は無料で、あらゆる教育機関で活用できるように導入・運用のコストも最小限に抑えられている。

教育現場という環境を重視し、広告は一切表示されない仕様。各校の予算が異なる場合も、自治体で一括してツールを導入できる。

また、「ファイル添付送信機能」を標準搭載。印刷・配布業務など教師の負担を減らしながら、視覚的な情報共有もできる。

今年2月から先行リリースを開始しており、3月までに公立小中学校32校(登録予定児童生徒数1万6500人)で導入。新年度となる4月以降は、更に50校以上の導入が決定している。

また、今後はEDUCOMが全国展開している小中学校の統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャーC4th」とのデータ連携も予定しており、学校と保護者をよりスムーズにつなぐための機能を搭載する予定。

2022年度中に児童生徒の名簿情報との連携機能、2023年度以降には保健情報とのデータ連携やアンケート機能、成績・学習成果物・配布プリントなどの共有機能を実装予定。

関連URL

「tetoru」

Classi

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス