1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. STEAM教育プログラム「ワンダーボックス」、人気育児雑誌が選ぶ子育てアワードを受賞

2021年11月30日

STEAM教育プログラム「ワンダーボックス」、人気育児雑誌が選ぶ子育てアワードを受賞

ワンダーラボは26日、デジタルとアナログを組み合わせたSTEAM教育領域の教育プログラム「ワンダーボックス」が、「第14回ペアレンティングアワード モノ部門」を受賞したと発表した。同アワードは「kodomoe」「ゼクシィBaby」等の人気育児雑誌による子育て関連アワード。10年以上の歴史の中で、デジタルを活用した教材の選出は初だという。

ペアレンティングアワードとは、『日本の子育てが元気であるために!』をキーワードに、「kodomoe」「ゼクシィBaby」「FQKids」等の人気育児雑誌により運営される子育て関連アワード。その年に話題を集めた「子育てにまつわるトレンド(ヒト・モノ・コト)」を表彰、その業績を讃えることで、さらなる発展を促し、日本がもっと子育てしやすい国になることを目指す。過去には、赤ちゃんの命を救う「母乳バンク」、家族型ロボット「LOVOT」、ペダルなし二輪車の「ストライダー」など、幅広い分野で子育てを支援する革新的なサービスが紹介されている。

同プログラムは、毎月届くデジタルとアナログを組み合わせた教材を通じて、子どもの地頭力を育てる、全く新しい教育プログラム。2020年4月にスタートした同プログラムは、デジタルとアナログの組合せにより、子どもの「思考力・創造力・好奇心」を育てるSTEAM領域の教育プログラム(対象年齢:4〜10歳)。

プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなどのあそび感覚の教材で、これからの時代に求められるSTEAM領域の基礎能力を培うことができる。サービス開始から、キッズデザイン賞、グッドデザイン賞、BabyTech Award Japanなど、数多くのアワードを受賞。教材としてのデザインやクオリティが高く評価されている。

今回の受賞では、プログラミングやアートといった、今注目されているSTEAM教育分野で、子どもたちの「学ぶ楽しさ」を引き出した点が評価された。

関連URL

ワンダーボックス

ワンダーラボ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス