1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ハーモニープラスの「学修成果MOE」、総務省後援のASPICアワードで入賞

2021年12月6日

ハーモニープラスの「学修成果MOE」、総務省後援のASPICアワードで入賞

ハーモニープラスは3日、同社の学修・教育成果の可視化・分析ツール「学修成果MOE(がくしゅうせいか えむおーいー)」が、総務省などが後援する「第15回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」で、「社会業界特化系ASP・SaaS部門 経営改革貢献賞」を受賞したと発表した。

「学修成果MOE」は、教学マネジメントの確立に向けた取組みに必要不可欠な「学修成果の可視化」を可能にするシステム。

アセスメントポリシーに基づき、ディプロマ・ポリシー(DP)に応じた学生の成長や履修状況について、総合的で様々な切り口で把握することで、DPの妥当性を検証するほか、学部/学科の運営、カリキュラム改善、学生指導に資する情報を可視化/分析することができる。

今回の「ASPICアワード」では、大学のオリジナリティを創出し、他校との差別化を実現するための重要なデータを得ることができることに加え、教育成果を可視化しカリキュラム改善やFD(教職員教育)のための重要なエビデンスとして活用できることなどが、大学経営改革に貢献すると評価され、受賞に至った。

ASPICは、「一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会」の略称で、2007年、総務省と任意団体ASPインダストリ・コンソーシアム・ジャパンが合同で設立した団体。現在、約130社が加盟し、クラウド産業業界の拡大・発展を図ることを目的に活動。

また同アワードは、国内で優秀かつ「社会に有益」で「安心・安全」なクラウドサービスなどを表彰するもので、2006年に第1回が開催されて以来、今年で15回目。

関連URL

「学修成果MOE」

「ASPICアワード」

ハーモニープラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス