1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が仙台市博物館に導入

2021年12月9日

早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が仙台市博物館に導入

早稲田システム開発は7日、同社のミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が仙台市博物館に導入されたと発表した。

「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ。

仙台市博物館では、コロナ禍において、タッチパネルでの情報提供や常設展の音声ガイドを休止。また、大規模改修に伴う休館期間中の情報発信のため、休館中でも収蔵資料に関する情報発信を行える「ポケット学芸員」を導入した。

同館の常設展で利用してきた音声ガイドとその解説を中心に、館内の来館者向けシステムで使用していた画像などを用いて200件あまりの資料について現在紹介している(日本語・英語とも)。

同博物館は、1万3千点の伊達家寄贈文化財をはじめ、仙台地方の歴史・文化・美術工芸資料を中心に、約9万8千点(令和3年現在)の資料を収蔵。

「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリ。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができる。

ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みで、館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されている。

関連URL

「ポケット学芸員」

仙台市博物館

早稲田システム開発

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス