1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が松岡美術館に導入

2022年2月2日

早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が松岡美術館に導入

早稲田システム開発は1日、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」が、松岡美術館に導入されたと発表した。


同美術館では、かねてよりスマートフォンでもフィーチャーホン(ガラケー)でも利用できるQRコードによるテキスト解説サービスを提供してきた。2019年6月からの長期休館中にサービスの見直しを行う中で、スマートフォンの普及状況や3G通信サービス終了のアナウンスを受け、QRコード解説から、収蔵品管理システム「I.B.MUSEUM SaaS」に付属する「ポケット学芸員」に切り替えることにした。

「ポケット学芸員」は、同館が収蔵品管理システムとして利用していた「I.B.MUSEUM SaaS」に付属する機能のため、追加コストがかからず、同じシステム上でデータの管理・編集ができることが決め手となった。テキストだけでなく画像や動画、音声といった様々なスタイルで情報の発信ができ、多言語にも対応していることも大きな魅力だった。また、お客様ご自身の端末で利用できるため、感染症対策の観点からも有用である。

同アプリは、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリ。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができる。ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されている。

関連URL

「ポケット学芸員

松岡美術館

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス