1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、「Unityユースクリエイターカップ2021」結果発表

2021年12月14日

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、「Unityユースクリエイターカップ2021」結果発表

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは13日、ゲーム開発コンテスト「Unityユースクリエイターカップ2021」の最終審査結果を公式サイトで発表した。

同イベントは、高校生・高専生(3年生以下)および小中学生を対象としたゲーム開発の全国大会。Unityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われ、今年度で第8回となる。

優勝には京都・洛星中学校チーム「sai」の「BREMEN」が選ばれた。作品は、プレイヤーが直接操作するイヌと、自律的に動くネズミ、ゾウ、ニワトリを呼び出し、それらを駆使して迷路の中で敵を倒すアクションストラテジーゲーム。それぞれの動物によって攻撃向き、防衛向きなどの特徴があり、戦略的に各動物を使いこなすことが求められる。

合わせて、12日に実施したプレゼン発表会本選のYouTube配信映像も公開している。

表彰作品

優勝『BREMEN』
洛星中学校(京都)
チーム「sai」
宮城 采生(13)
作品のダウンロード

準優勝『FRAME RUNNER』
砧中学校(東京)
チーム「Yozhik game system」
下平 陽士(15)
作品のダウンロード

ゴールドアワード『MILVUS Code115』
小松川高校(東京)
チーム「Annulus Games」
中田 悠介(16)
作品のダウンロード

ゴールドアワード『STAR STICK SHOOTING』
滝高校(愛知)
チーム「YMAC’s」
山本 祥一朗(16)
作品のダウンロード

ゴールドアワード『グーチョキパニック』
立命館宇治高校(京都)
チーム「サボテン」
乾 凌太朗(16)
作品のダウンロード

ゴールドアワード『マインスイーパーオンライン』
東北学院高校(宮城)
チーム「もちもち」
小野 雄備(16)
作品のダウンロード

関連URL

大会公式サイト

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス