1. トップ
  2. データ・資料
  3. デジタル教育の世界市場、2030年には1191億米ドルに達する見込み=パノラマデータインサイトが分析=

2021年12月29日

デジタル教育の世界市場、2030年には1191億米ドルに達する見込み=パノラマデータインサイトが分析=

Panorama Data Insights(パノラマデータインサイト)は27日、世界のデジタル教育市場の機会分析と2030年までの業界予測をまとめた新しいレポートを発表した。

それによると、世界のデジタル教育市場の収益は、2020年に93.5億米ドルだったが、2021年~2030年までの予測期間中に複合年平均成長率(CAGR)29%で成長し、2030年には1191億米ドルに達すると予測している。

こうした世界市場の成長に貢献している要因は、ネットワークへのアクセス性の向上、インターネットの利便性の向上、そして教育市場でのノート(PC)、スマホ、タブレットなどの接続デバイスの普及。

反面、世界市場の成長を遅らせる可能性のある課題として、社会的孤立、インターネットへのアクセスが限られていること、不正行為が避けられないこと、自己啓発、時間管理能力、理論に主眼が置かれていることなどを挙げている。

また、新型コロナで、国内の多くの地域で教室から急に遠ざかる事態が発生。学校が閉鎖された結果、様々な国の数十億人の学生の教育に影響が出た。

このような需要の増加により、デジタル教育プラットフォームの市場が拡大し、市場の成長を支えている。

デジタル教育は、このパンデミックの時にコーチングを提供し、学生の教育を継続するための安全で便利な方法を提供する。したがって、新型コロナの拡大は、世界のデジタル教育市場には好影響を示しているという。

2020年、世界のデジタル教育市場では、北米が最大のシェアを占めたが、これは同地域でデジタル学習プラットフォームが急速に受け入れられているため。

また、ネットワークアリーナと政府のパートナーシップや、研究者とデジタル教育のプロバイダーとの組織的な協力関係などの要因も、北米の市場成長を支えている。

生徒によりよい結果をもたらすために、組織内の技術者や労働者のスキルを向上させる必要性が高まっていることから、教育機関はデジタルプラットフォームやサービスの統合に力を入れるようになっている。

結果的に、新技術の受け入れにより、これらの要因が地域市場の成長を促進する要因にもなっている。

デジタル教育とは、デジタル技術やリソースを学習や教育に利用するこという。技術的に強化された学習(TEL)は、e-learningオンライン学習と呼ばれることもある。

学習を提供するために、様々なハイブリッド手法やイマーシブ手法を採用。オンラインでの活動に対面でのやりとりを取り入れたり、オンラインでの活動をクラスの外で実際の状況を分析して結論を出す反転授業を行ったりする。

学生は、デジタル教育を通じて、自分のペースで、都合のよい場所から学ぶことができ、様々な教育機関や企業組織が利用している。

関連URL

レポートの無料サンプル

パノラマデータインサイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス