1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 瀬戸内市教育委員会、フルノシステムズの動画伝送アクセスポイントを導入

2021年12月3日

瀬戸内市教育委員会、フルノシステムズの動画伝送アクセスポイントを導入

フルノシステムズは2日、岡山県・瀬戸内市教育委員会の教育ICT基礎整備において、同社の動画伝送アクセスポイント「ACERA(アセラ)1150w」が導入されたと明らかにした。

同市の小学校6校および中学校3校の各教室に配備し、児童生徒が1人1台学習用端末を活用した授業を実施できるネットワーク環境を構築した。

ACERA 1150wは学習用端末の画面を大型提示装置にミラーリングできる機能を備え、動画や静止画をクラス全体で簡単に共有できるほか、オプション機能として、校内ネットワークと端末を組み合わせて手軽の校内放送を実施できる「一斉放送システム」を備えており、一部の学校においては全校朝礼や始業式などの学校行事で活用されている。

関連URL

瀬戸内市

フルノシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス