1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 広告を見ると学校へ教材費の寄付ができる「新しいESG型広告モデル」の実証実験を開始

2021年12月3日

広告を見ると学校へ教材費の寄付ができる「新しいESG型広告モデル」の実証実験を開始

Institution for a Global Society (IGS)は2日、敬座産業省2021年度「未来の教室」の実証事業として、民間企業から公教育へ持続可能な形で教育資金を援助する、新しいESG型広告モデル「ONGAESHI」の実証実験を、12月~2022年1月に実施すると発表した。

同広告は、教育情報サイト「MeLab」上の広告を見ることで得た「ONGAESHIコイン」(ポイント)を生徒・学校に寄付したり、自身のリスキリング用教材に使うことができるシステム。

また、実験開始に伴い、実証実験の社会人枠の募集も開始。リスキリングしたい人や、教育格差の問題に関心がある人、ESGに興味のある人の参加を募っている。実証実験の参加費は無料。

「ONGAESHI」は、実証に参加する社会人が広告を見ると、企業の広告出稿費の一部が教材費として、学校・生徒・社会人自身に配分される仕組みで、生徒はEdTech教材を、社会人はリスキリング用の教材を手に入れることができる。

広告は「MeLab」に配信され、情報収集しながら広告を閲覧することで、自身や他の生徒の次の学びに繋げることができる。

「ONGAESHI」への参加

①「ONGAESHI」に個人情報を登録(登録ページ
②ログインしたまま、教育情報サイト「MeLab」にアクセスする
③サイト内の広告を閲覧する(実証実験応募サイト

関連URL

「ONGAESHI」

Institution for a Global Society

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス