1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 体温・体調管理アプリ「LEBER for School」、茨城・利根町の小中学4校が導入

2022年1月12日

体温・体調管理アプリ「LEBER for School」、茨城・利根町の小中学4校が導入

リーバーは11日、同社の医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を利用した体温・体調管理機能「LEBER for School」(リーバー・フォー・スクール)が、茨城県利根町の小・中学校4校に一斉導入されたと発表した。

同町教育委員会は、同社と「LEBER for School」の利用契約を昨年12月に締結。同小中学校4校に導入して、用紙への記入や手渡しなく、家庭から学校へデータを直接送信できる体制を整備。今年1月から順次、4校約970人の生徒が利用を始めている。

「LEBER for School」の利用にあたっては、学校側と同社が利用契約を結び、生徒側(保護者側)は医療相談アプリ「LEBER」を通じて登録し、学校側(管理者側)は専用の管理システムを利用する。

1人11円/月の料金で、教職員は健康観察票など紙で集計する手間を大幅に省くことができ、学校全体の体温・体調の状況をグラフなどで確認できる。

操作手順は、まずiOSおよびAndroidスマホにアプリをインストール。学校から配布されるQRコードを読み込み、個人プロフィール(氏名、身長、体重など)を入力。

次に、体温と検温時刻を入力し、厚労省推奨の「新型コロナなどの健康観察票」に準拠した、体調に関する簡単な質問に回答すれば、自動的に教育機関に送信される。

「LEBER」は、24時間365⽇スマホで医師に相談ができるアプリ。現在300⼈以上の医師が登録しており、外出⾃粛などによって病院やクリニックに⾏きにくい人もアプリを通じて医師に気軽に相談できる。

関連URL

「LEBER for School」

利根町教育委員会

リーバー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス