1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミングスクール受講者の9割以上が目的を達成と回答 =Webpia調べ=

2022年1月12日

プログラミングスクール受講者の9割以上が目的を達成と回答 =Webpia調べ=

プログラミングメディア「Webpia」は7日、プログラミングスクールに通った人93名を対象に、プログラミングスクール経験者の実態調査を行い、その調査結果を発表した。

アンケートの結果から、プログラミングスクール卒業生の中で目的を達成できた人の割合は 88.2%。最も受講者が多かったプログラミングスクールは「侍エンジニア塾」。卒業生(転職/独立した人)の、年収変化は、平均して約35万円上昇した。スクール卒業後の年収幅は、平均して約35万円上昇している。

プログラミングスクールに通った目的は、34%が転職目的。次にスキルアップ目的が29.8%と、転職・スキルアップ目的だけで6割以上を占める結果となった。通ったスクールは「侍エンジニア塾」の卒業生が最も多く、転職者向けコースを提供しているスクールに人気があることがうかがえた。 卒業生(転職/独立した人)の年収変化は、最大で240万円アップ最低で50万円のマイナスになり、平均して約35万円上昇。年収が上がった人だけの平均値は、約73万円で、半数以上卒業生が年収アップを果たした。

プログラミングを学ぼうと思った理由は、「将来性の高さ」「収入UP」の2つが上位を占めた。また、「今後必要なスキルだと思った」と回答も多く、「将来性が高そうだから今後必要だと感じた」というニュアンスで捉えることも可能なため、「将来性の高さ」が最も多い理由だと考えられる。

プログラミングスクールでの受講を選んだ理由として最も多かったのは「独学で限界を感じた」というもの。一度はプログラミングを独学したが途中で挫折し、スクールに通うという流れが多いように見受けられる。又、独学挫折者は基礎学習が済んでいるためか、目的を達成している割合が多いというデータも出ている。

アンケート調査は2020年12月10日 から24日にインターネット調査で行われた。回答者は93名。年齢は、30代(42.9%)が最も多く、次いで20代(37.4%)、40代(16.5%)、50代(3.3%)10代(1.1%)。男女の比率は男性(58%)女性(42%)だった。

関連URL

Webpia

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス