1. トップ
  2. データ・資料
  3. 12月末段階での内々定率は14.6%で昨年同時期より4.5ポイントアップ =学情調べ=

2022年1月12日

12月末段階での内々定率は14.6%で昨年同時期より4.5ポイントアップ =学情調べ=

学情は7日、2023年卒業・修了予定者対象の内々定率調査(2022年1月度)の結果を発表した。


12月末段階での内々定率は「14.6%」。前年同時期の「10.1%」を4.5ポイント上回った。

内々定の獲得社数(累計)は、”1社”が「80.4%」で最多。平均獲得社数は「1.30社」だった。内々定先企業の最終面接は、10月が「18.9%」、11月が「34.9%」、12月が「35.7%」。直近3か月に実施されたものが9割近く。

内々定企業の従業員規模は、”1000~2999人”が「39.9%」で最多。中堅企業の内々定出しが進んだ様子。

調査は、2021年12月27日~2022年1月4日。対象は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生で、調査方法はインターネットによるアンケート。回答者数は340人で、調査結果を全体で見る場合に、文理男女別の回答格差をなくすためウエイトバックを行っている。

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」は、会員数40万名の新卒採用サイト。朝日新聞社とともにコンテンツを提供している。

関連URL

調査内容詳細

あさがくナビ

学情

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス