1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、英語学習アプリ「booco」でスピーキングに特化した法人向け2コースを開講

2022年2月2日

アルク、英語学習アプリ「booco」でスピーキングに特化した法人向け2コースを開講

アルクは2月1日、同社の英語学習アプリ「booco(ブーコ)」の法人・団体向けオンライン自己学習サービスで、新たに「スピーキングコース」を開講したと発表した。

新たに開講したのは、「スピーキング Basicコース」と「スピーキング Advancedコース」の2コース。初級~中級レベルに対応しており、日常会話からビジネス英語に対応した教材を幅広く取り揃えている。

レッスンは、初級・中級者の会話力向上に欠かせない「音読トレーニング」を中心に展開。スピーキング評価AIが学習者の発話をその場ですぐに採点・判定し、ゲームのように楽しく「話す力」を鍛えられる。

法人向けパーソナル学習アプリ「booco」は、英単語の「キクタン」シリーズや TOEIC対策「TOEIC L&Rテスト 究極の模試600問+」など同社のベストセラー書籍を、英語学習アプリ「booco」で学習できるオンライン自己学習サービス。

コース学習はすべてスマホで完結。1回3分から気軽にスタートでき、毎回の確認テストの結果もすぐにフィードバックされ、学習を習慣化しやすい仕組みになっている。

開講コースの概要

①「スピーキング Basicコース」
内容:基礎的なスピーキングのフレーズや語彙・文法・コツをインプットして、1歩ずつ英語を話せるようになることを目標にしている
対象レベル:英検4級~3級/TOEIC L&Rテスト400点未満
コース搭載書籍:「キクタン英会話」(初級編)、「Mr.Evineの中学英文法+αで話せるドリル」、「話せる英語ドリル300文」など
②「スピーキング Advancedコース」
内容:日常会話のほかにも、ビジネスシーンなど、場面に応じた表現を使い、英語でコミュニケーションがとれるようになることを目標にしている
対象レベル:英検準2級~2級/TOEIC L&Rテスト600点程度
コース搭載書籍:「足すだけ英会話トレーニング」、「英語で仕事をすることになったら読む本」、「ビジネス英会話 高速変換トレーニング」など

動画

関連URL

「booco」法人向けサービス

アルク

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス