1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Minecraftカップ2021全国大会」、全14のAWARDが決定

2022年2月8日

「Minecraftカップ2021全国大会」、全14のAWARDが決定

Minecraftカップ全国大会運営委員会は4日、世界各国の教育現場で活用されている「Minecraft: Education Edition(教育版マインクラフト)」を使用した「Minecraftカップ2021全国大会」の最終審査会・表彰式を1月30日に実施したと発表した。

第3回を迎えた同大会は、世界各国の教育現場で活用されている「教育版マインクラフト」を使用して、全ての子どもたちがプログラミング教育やデジタルなものづくりに触れることのできる機会を創出し、子どもたちのプログラミング思考の醸成を目指すことを目的に開催。

本年度は「SDGs時代のみんなの家、未来のまち」をテーマに作品を募集し、エントリー総数3087人のうち、応募したチーム、個人あわせて484作品が集まり、厳正なる審査により110作品が1次審査を通過。

地区ブロックごとに開催された2次審査会では、20作品が最終審査会に駒を進め、オンライン上でのプレゼンテーションと審査の結果、全14のアワードが決定した。

大賞は、No.0323 「EREC -地球蘇生実験都市-」の熊谷武晴さん(山口県)が受賞。
優秀賞【チーム部門】はNo.0129 の「つなげるココロ ~人も動物も植物も笑顔のまち~」
Coderdojo Ishigaki (沖縄県)、優秀賞【個人部門】は、No.0303の「ふクリンシティ」 はやぶさ さん(大阪府)がそれぞれ受賞した。

関連URL

Minecraftカップ2021全国大会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス