1. トップ
  2. データ・資料
  3. 23年卒 就職活動の方向性「固まった」と回答した割合は49.5% =マイナビ調べ=

2022年2月18日

23年卒 就職活動の方向性「固まった」と回答した割合は49.5% =マイナビ調べ=

マイナビは16日、2023年3月卒業予定の大学3年生、大学院1年生対象の、「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(1月)」の結果を発表した。

「1月の状況について、インターンシップ参加や就職活動の準備と、学業・定期試験の両立で悩んだり苦労したことはあるか」と問うと、「ある」と回答した学生は69.9%。2月の予定については、「インターンシップに参加したり就職準備を行う」が82.9%で、定期試験が落ち着く2月に就活準備を進める予定の学生も多いようだ。

「現在の就活準備レベル」の自己採点の平均は39.9点(前月比1.4pt減)。就職活動が本格化する3月を目前に、気を引き締めて若干厳しめにしていることや、定期試験シーズンだったことも背景か。一方、2021年7月時と比較すると、低評価(「0点~20点(全くできていない)」と「21点~40点(あまりできていない)」の合計)は17.1pt減少、着実に準備を進めている様子。

就職活動の方向性(志望業種や企業、職種、大事にしたい価値観など)について「固まった」は全体で49.5%。文系45.1%、理系は56.7%だった。理系学生は自身の専攻領域と志望業界を関連付けて活動を行う傾向にあることから、文系学生より早かったと思われる。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス