1. トップ
  2. データ・資料
  3. 企業のデジタル化、課題は「デジタルスキル格差」「IT人材不足」がトップ =Progate・ MMDLabo調べ=

2022年2月18日

企業のデジタル化、課題は「デジタルスキル格差」「IT人材不足」がトップ =Progate・ MMDLabo調べ=

ProgateとMMD研究所は16日、20歳~69歳の正社員の男女1万人を対象に実施した「企業のDXおよびデジタル課題に関する実態調査」の結果を公表した。

勤めている企業のデジタル化について聞いたところ、「デジタル化を積極的に進めている」が26.6%、「進めることを検討している」が18.8%、「推進したいが、実行に移せていない」が17.8%と合わせて63.1%が企業のデジタル化の推進を考えていて、「デジタル化は現状必要ない」が36.9%。企業規模別では、大企業は86.7%、中小企業は61.7%が企業のデジタル化の推進を考えている。

デジタル化推進への課題は、「社内のデジタルスキルに格差がある」と「デジタル化を進めるためのIT人材が不足している」が29.3%と最多、次に「デジタル化のための費用がかかる」が29.2%、「データを適切に管理できるか、情報漏洩が心配」が17.3%。

IT人材採用への課題があるかは、教育担当が79.5%、中小企業の教育担当が69.5%と過半数が課題を感じている一方、経営層は36.0%に留まった。

社員のデジタルスキルへの課題については、「課題がある」は大企業の教育担当の84.5%、中小企業が77.5%。

その内容は、「デジタルスキルを学ぶ時間を確保できない」が32.0%、「若手社員とミドル・ベテラン社員間のデジタルスキルの格差が大きい」が29.8%、「ミドル・ベテラン社員の習得意識が低い」が26.1%。

企業がデジタル化を推進する目的は、「業務効率化」が45.9%、「働き方改革の一環」が31.9%、「生産性の向上」が31.4%だった。

デジタルスキル研修は、72.6%の企業が実施・検討していて、実施は「社内のOJT」が27.2%、検討は「社員の自律学習支援型」が27.4%で最多。

研修を実施している企業の60.8%が実施して良かったと回答し、効果を実感したのは「業務効率化」、「デジタルスキルの必要性の理解」、「社員の自発的学習増加」。

最も効果があったデジタルスキル研修は、「Excel、Word、PowerPoint」が18.6%、「セキュリティ」が13.5%、「デジタルマーケティング」は10.6%だった。

同調査の期間は1月21日~1月24日。有効回答は、予備調査1万人、本調査500人。調査方法はインターネット調査で、調査対象は、予備調査が20歳~69歳の正社員の男女。本調査が、社員・部下教育、福利厚生を担当している社員または会社経営者・役員。

関連URL

Progate

MMD研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス