1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神山まるごと高専(仮称)、奨学金基金スキームを公開

2022年3月16日

神山まるごと高専(仮称)、奨学金基金スキームを公開

2023年4月開校を目指す私立高等専門学校「神山まるごと高専」(認可申請中)は15日、企業や個人からの拠出金を一般社団法人の基金制度を活用して資産運用し、奨学金を安定的に給付するスキームを発表した。

今回、同校では、民間企業や個人からの拠出を募り、その資金を運用することで、学生の学費に活用するスキームを考案した。まず、民間企業や個人から神山まるごと奨学金基金に拠出してもらい、これらの資金を投資会社に運用委託し、そこで得た運用益を学校に寄付して学費に充てる。

基金への拠出は1社10億円、総額100億円規模を想定しており、併せて長期契約に基づく寄付スキームも構築して、安定的な奨学金給付を目指す。奨学金基金へ拠出する企業や個人、および長期契約に基づき寄付をする企業は「スカラーシップパートナー」と位置づけ、同校における重要なパートナーとして、開校後も「テクノロジー×デザインで人間の未来を変える学校」の実現に向けて連携を行う。

また、1企業につき各学年4名、企業の冠をつけたスカラーシップパートナーチームを組成し、在学中・卒業後において、拠出企業との共同研究や新事業の創造、学生からの起業ピッチといった連携活動を行うことを想定している。

今年1月に無償化構想を発表後、現在は1期生の学費無償化の目処がたったが、このたびの奨学基金制度の活用および長期契約に基づく寄付スキームにより、2期生以降の学費無償化を目指していくという。

関連URL

「神山まるごと高専」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス