1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. メディアプラットフォーム「note」、沖縄・うるま市の全市立小中26校が公式ホームページに採用

2022年3月17日

メディアプラットフォーム「note」、沖縄・うるま市の全市立小中26校が公式ホームページに採用

Noteは16日、同社のメディアプラットフォーム「note」が、沖縄県うるま市の全市立小中学校26校に導入されることになったと発表した。

同社は、同市教育委員会と「学校の情報発信を強化し、地域に開かれたより良い教育環境を実現する」目的で、16日付で協定を締結。同市の全市立小中学校26校が、公式ホームページを「note」に切り替えて運用することになった。

教育委員会が、学校の公式ホームページとして、同社の法人向け高機能プラン「note pro」を一括で採用するのは、全国で初。また、教職員や児童・生徒に向けたITリテラシー・情報モラル教育にも連携して取り組んでいく。

公式ホームページを「note」に切り替えることで、情報が更新しやすく届けやすくなる。開設した各学校のnote proには、同市の独自ドメインを設定する予定。

また、同市教委がnote proアカウントを開設して、教育委員会からのお知らせを「note」で公開する。note proの機能を活用すると、教育委員会が公開した記事をそのまま、各学校のホームページに表示できる。

これにより、同市立小中学校に通う児童・生徒、保護者に向けた教育に関する情報が、今まで以上に届きやすくなる。学校・教職員の作業を伴わずに情報を公開でき、効率化にもつながる。

また、noteディレクターが、教育委員会と各学校へ向け、note活用に関するサポートや研修を実施する。教職員や児童・生徒へ向けた情報モラル教育に関する支援や、意見交換も行っていく予定。

「note」は、クリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォーム。2014年4月にサービスを開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達している。

関連URL

「note」

Note

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス