1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育に関わる仕事をしている人で「SDGs」を正しく理解しているのは約24% =SheepDog調べ=

2022年3月17日

教育に関わる仕事をしている人で「SDGs」を正しく理解しているのは約24% =SheepDog調べ=

SheepDogは15日、20代〜50代の教育に関わる仕事をしている人を対象に実施した「SDGsの理解度」についてのアンケート結果を発表した。

「SDGsの意味を理解しているか」については、「正しく理解している」が24%、「なんとなくは理解している」が60%。「全く理解していない」が16%。

理解している男性は34%、女性は14%で、男性のほうがSDGsへの関心が高い。

SDGsの意味を正確に理解していると回答した割合が最も高いのは30代で33.33%。40代・50代は共に23.08%。20代は16.67%だった。

調査概要
対象者:全国の20歳〜59歳の男女・教育業
サンプル数:300人
居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2月14日

関連URL

アンケート詳細

SheepDog

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス