1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 全国の小学生1500名出場のプログラミング大会「ゼログラ」優勝チームが決定

2022年3月29日

全国の小学生1500名出場のプログラミング大会「ゼログラ」優勝チームが決定

小学館集英社プロダクションは25日、「ゼロワングランドスラム実行委員会」の一員として、ジュニアプログラミング推進機構が主催する小学生向けのプログラミング大会「ゼロワングランドスラム」の運営等を行ったと発表した。

同推進機構は、Presented by YAMAHA「全国小学生プログラミング大会ゼロワングランドスラム」の2021年度決勝大会を、3月20日にオンラインで開催。今回が初の大会開催となる同大会には、全国から約1千500名の小学生プログラマーが挑戦。WEB予選での上位成績優秀者30名が、2nd STAGEであるブロック大会に3人1組のチームとなって出場し、「Scratch」「Minecraft」「ロボット」の3種目で競い合った。東日本、西日本ブロックそれぞれから2チーム、計4チームが決勝大会へと駒を進め、全国1千500名の頂点を決めるに相応しい熱戦を繰り広げた。

優勝したのは、谷湧登選手(東京都)、松本光雄選手(東京都)、川口優輝選手(東京都)による東日本ブロックAチーム。全員が、それぞれ担当する種目で素晴らしいパフォーマンスを披露し、全国No.1という結果を勝ち取った。

同大会のWEB予選開催期間は2021年12月20日~2022年1月23日に開催。各ブロック大会の開催日は西日本ブロック大会が2月20日、東日本ブロック大会は2月27日、決勝大会開は3月20日。すべてオンラインで実施した。参加費は無料。

「全国小学生プログラミング大会ゼロワングランドスラム」は、全国の小学生プログラマーが、プログラミングの知識やスキルを駆使してスポーツのように競い合う、新しいプログラミング大会。同大会は、より多くの子供たちが「プログラミングって面白い」「もっと上手くなりたい」と感じることができるような、「小学生フレンドリーな場所」づくりを目指している。

関連URL

ジュニアプログラミング推進機構

小学館集英社プロダクション

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス