1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「酪農」特化のリアルオンラインツアー&授業「RAKUNOO」小中学校向け授業を再開

2022年3月4日

「酪農」特化のリアルオンラインツアー&授業「RAKUNOO」小中学校向け授業を再開

オージャパンは2日、冬季時期のため休止していた酪農オンラインツアー&授業について、小中学校向けの酪農リアルオンライン授業を3月から再開すると発表した。

今回、リアルオンライン授業は大阪府寝屋川市にある啓明小学校の3年生に向けて8日に実施する。担任の先生の「子どもたちが躊躇することなく、給食を残してしまう。なんとかしたい」という相談をきっかけにリアルオンライン授業が実現したという。子どもたちが自ら学び、自ら考える力や学び方、ものの考え方などを身につける力などを育む「総合学習」での授業内で行う。

同授業では、「牛の体格」「餌の種類」「搾乳方法」「酪農家さんの仕事内容」など、酪農の基本を知るための授業を45分間実施する。この授業は、教育関係者限定で無料の視聴が可能。

北海道のオホーツク海に面した雄武町(おうむちょう)で、2021年7月からサービスを開始した、酪農に特化したリアルオンラインツアー&授業RAKUNOO(ラクノー)。身の回りで消費されている「牛乳」や、命をいただく大切さ(食育)を知って欲しいとの想いから、リアルオンライン授業を開始。「牧場」「酪農」などを取り上げたリアルオンライン授業のサービスは珍しく、コロナ禍で校外学習や社会科見学、また様々な理由で外に出ることができない子どもたちのために立ち上げたという。

2021年6月に行ったプレオンラインツアーから計10回のオンラインツアーを開催。参加者は合計150人以上。東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、兵庫県、栃木県、長野県、静岡県、大阪府、京都府、大分県、沖縄県、北海道、など全国からの参加者だけではなく、シンガポール在住の家族や韓国の酪農従事者など年齢を問わず参加があったという。

啓明小学校に向けたリアルオンライン授業の視聴の参加希望や、リアルオンライン授業の申込みはRAUNOOのホームページ内で受け付けている。

関連URL

視聴の参加希望

RAKUNOO

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス