1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社オリジナル「高校生向け古文単語集」の提供開始

2022年4月5日

学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社オリジナル「高校生向け古文単語集」の提供開始

モノグサは4日、同社の学習プラットフォーム「Monoxer」上で、旺文社オリジナルの高校生向け古文単語集「古文単語・熟語ターゲット400」を導入教室向けにリリースしたと発表した。

同単語集は、日常学習から大学入試まで対応できる古文単語・熟語集。短時間で効率よく暗記することを目標に400項目を収録し、レベル別に3段階に分類。

「1st stage」では、古文を読むために最低限必要な最も試験に出やすい単語と熟語を学習。「2nd stage」では豊かな古文の世界を理解するために必要な言葉を学習し、「3rd stage」ではどのような入試問題にも対応できる力を養成。

単語は頻出する意味・用法をメインに抽出しており、熟語はそのまま暗記できるような種類のものを厳選。Monoxer内では、例文の空所補充形式でも出題され、解いているうちに現代語と古語の対応関係が自然と身につくように設計されている。

Monoxerは、学校や塾といった教育機関を中心に、全国3900以上の教室が導入。ユーザーは英単語、漢字、歴史、数式など、記憶したい知識をインポートすると、Monoxerが記憶定着のために最適な問題を生成する。

今回、記憶定着が有用な領域である古文の学習をよりサポートできるよう、同単語集を提供することにした。

また、旺文社では、書籍出版に留まらずユーザーに新しい学習体験を提供する一環として、デジタル学習プラットフォームなどへの教材ライセンスを多面的に展開。

今回、Monoxer独自のAI技術と旺文社が長年培ってきたコンテンツ力を掛け合わせ、記憶状況により問題難易度が変動する特長を活用しながら確かな品質の問題で繰り返し練習ができる、学習体験を実現した。

関連URL

旺文社のライセンスビジネス

旺文社

モノグサ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス