1. トップ
  2. データ・資料
  3. コペル、発達障がいのある子どもの保護者1000人に「困りごと」などをアンケート調査

2022年4月13日

コペル、発達障がいのある子どもの保護者1000人に「困りごと」などをアンケート調査

コペルは12日、発達障がい(ASD)の子どもを持つ保護者1002人を対象に実施した、困りごと・就学進路などの個別相談・就学先を選ぶためのアドバイスなどに関するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、ASDの子どもと「コミュニケーションが取りづらいと感じるか」を聞いたところ、「とても感じる」27.6%、「感じる」47.7%、「あまり感じない」21.2%、「感じない」3.5%という結果になった。

また、「落ち着きがないと感じるか」を聞いたところ、「とても感じる」36.8%、「感じる」45.9%、「あまり感じない」14.1%、「感じない」3.2%だった。

「子どもの特性に合わせた対応の仕方が出来ていると思うか」と質問したところ、6割以上が「あまりできていない」59.3%、「できていない」9.1%と回答。

「脳の機能障がいと分かっていてもイライラしてしまうことがあるか」と質問したところ、9割以上が「頻繁にある」43.8%、「たまにある」51.0%と回答した。

「子どもの心のケアについて気になることがあるか」を聞いたところ、8割以上(85.9%)が「ある」と回答。

また、「周りの目が気になるか」と質問したところ、6割以上が「常に気になる」21.0%、「気になる」45.9%と回答。

「周りからの理解が少ないと感じるか」と質問したところ、9割近くが「とても感じる」40.3%、「多少感じる」49.3%と回答した。

未就学児の子どもを持つ親に、「就学先選びで不安なことはあるか」と質問したところ、「選び方や基準が分からない」55.2%との回答が最も多く、次いで「相談できる人がいない」47.5%だった。

小学生の子どもを持つ親に、「子どもは現在の就学先に満足しているか」を聞いたところ、3割が「あまり満足していない」25.6%、「満足していない」4.7%と回答した。

現在の公教育に対して、「今後改善してもらいたいと思うこと」を聞いたところ、「福祉サービスのより分かりやすい利用方法を提示して欲しい」「ある程度は健常児とのふれ合いが必要だと思う。普通の集団のなかで過ごす機会も欲しい」「個別に応じた教育、関係機関(放課後デイなどの療育機関、卒園した保育園など)との連携の強化」などの声が寄せられた。

この調査は、ASDの子どもを持つ保護者を対象に、3月11日~14日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1002人。

関連URL

調査結果の詳細

コペル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス