1. トップ
  2. 学校・団体
  3. タイガーモブ、昌平中学・高校の社会起業家創出プログラム「IGNITE」を開発

2022年4月18日

タイガーモブ、昌平中学・高校の社会起業家創出プログラム「IGNITE」を開発

タイガーモブは15日、「昌平学園」昌平中学・高校(埼玉・北葛飾郡)の社会起業家創出プログラム「IGNITE」(イグナイト)を共同開発したと発表した。

同プログラムは、社会にインパクトを与える若者を輩出することを目的に、ボーダレス・ジャパンと提携して、5月から同校の生徒向けに実施する予定で、同社は企画・運営を担当。

具体的には、世界中の社会課題に向き合うゲストスピーカーを国連・UNHCR・Forbus TOP30などから招いて講義を行うほか、ボーダレス・ジャパン福岡オフィスで合宿なども実施。

プログラムは、5つのステップからなり、実施期間は1年間。同校の希望者に提供し、中学・高校合わせて最大20人の生徒を受け入れる。

ゲストスピーカーによる講義と、生徒自身によるソーシャルビジネスのアイデアの実行を通じて、社会にインパクトを与えることを目指す。ソーシャルビジネスの実施に際しては、世界各地で活躍する社会起業家陣がアドバイザーとして協力する。

プログラムの概要

・STEP1「社会課題を知る」
国連・UNHCR・Forbus TOP30など様々な場所で活躍する世界の社会課題最前線のトップランナーをゲストに招き、環境、社会、経済など多角的な切り口で社会課題の実情を学ぶ
・STEP2「社会課題解決を知り・考える」
夏休み期間にボーダレス・ジャパンの福岡オフィスを拠点とした合宿を実施。講義を通じて社会課題を解決するために必要な考え方を学ぶ。夜には焚き火を囲んで語り合う
・STEP3「ビジョンから解決策まで考える」
生徒が自分の理想とする社会と目指したい状態(ビジョン)を考える。ビジョンを実現するために現状を把握し、実践するために、同社スタッフがサポート
・STEP4「アクション&フィードバック」
ビジョンを実現するための解決策を実行に移す。最終的には、活動を通じて実際に立ち上げたソーシャルビジネスを実行し、社会インパクトがどの程度出たかを自分たちで検証
・STEP5「未来を考える」
プログラムの総まとめとして、生徒がこれまでやってきたこと、これからやっていきたいこと、生徒自身の未来予想図を描いて発表する

関連URL

昌平中学・高校

ボーダレス・ジャパン

タイガーモブ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス