1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、算数・数学ドリルに計算ミスの判定ができる「途中式判定機能」を搭載

2022年5月19日

すららネット、算数・数学ドリルに計算ミスの判定ができる「途中式判定機能」を搭載

すららネットは、同社のAI×アダプティブラーニング教材「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」の算数・数学のドリル学習に、計算ミスの判定ができる「途中式判定機能」を、5月23日から実装する。

同機能は、学校や学習塾などで大規模に活用されている教科学習e-ラーニング(Edtech)で、従来からみられる児童生徒が途中式をメモする上で便利なメモ機能に加え、メモをした途中式の数式の正誤判定と、具体的な誤りの内容を自動的にフィードバックする判定機能を利用できる。判定を行うアルゴリズムは特許出願中の国内初の機能。

同機能の実装で、これまで以上に児童・生徒の自立学習が進むことが期待されるほか、教師の指導の充実が見込まれる。

また同機能は、「手書き」モードを「ON」にした状態で活用できる。マウスや端末のトラックパッドを利用して書くこともできるが、タブレットなどのタッチパネル型の端末上で手書き解答する必要がある。

「すらら」は、小学校~高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会 5 教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進められるアダプティブな e ラーニング教材。「ピタドリ」「すららドリル」は「すらら」の姉妹サービス。

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス