1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、教師がオリジナル問題を作問・出題できる「E-teエディター機能」搭載

2021年11月30日

すららネット、教師がオリジナル問題を作問・出題できる「E-teエディター機能」搭載

すららネットは29日、同社の「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」のテスト機能に、教師がオリジナル問題を作問・出題できる「E-teエディター機能」を搭載した。

「E-teエディター機能」を搭載したのは、全国の小中高校・学習塾・家庭学習に活用されている「すらら」および主に公立学校で活用されている「すららドリル」、主に大手学習塾で活用されている「ピタドリ」のテスト機能(「E-te」)。

同機能の実装で、教師がオリジナルの問題を出題できることで、各教育現場で紙を利用したテストの電子化や、採点の手間の削減、成績のクラウド上での管理ができるようになる。

同機能は、選択式の問題のほか、並び替え式の問題など、多様な出題形式にも対応。また、既存の「E-te」では、AIで児童生徒が復習をすべき単元にさかのぼって復習できるが、E-teエディターで出題されたテストでも、児童生徒はテストの受験後に復習が必要な単元に簡易的にさかのぼって復習できる。

「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」を活用している塾や学校からはこれまで、出題単元を選ぶことで自動的に作問・出題がされる手軽さがある一方で、「教員として解かせたいオリジナルの問題も出題できるとさらに良い」といった声が寄せられており、今回、その要望に応え同機能を搭載した。

同社は、アダプティブな対話式 ICT教材「すらら」と「すららドリル」を、国内では約 2500校の塾、学校などの40万人を超える生徒に提供している。

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス