1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日米教育委員会、「アメリカの大学で日本語を教えてみよう」給付型の奨学金プログラム

2022年6月16日

日米教育委員会、「アメリカの大学で日本語を教えてみよう」給付型の奨学金プログラム

日米教育委員会は、2023年度フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラムの参加者を募集している。

2023年の夏から9カ月間、アメリカの大学で日本語を教えながら、英語力と外国語を教えるスキルを高める、学位取得を目的としない給付型奨学金プログラムの参加者を募集している。

アメリカの大学で日本語クラスの教員または補佐(派遣先によって異なる)をしながら、各学期にアメリカ研究や外国語教授法のクラスを受講する。また、日本の文化・価値観の理解促進のため、大学内外での交流の推進に携わってもらう。

往復旅費、履修する科目の授業料、給付金、宿舎、食事、フルブライト・グループ保険(障害・疾病)などが支給される。日本在住で日本国籍を有すること、学士号取得者または見込み者で、英語教員免許保持者または英語教育に携わる意志のある人、指定期間内に実施されたTOEFLまたはIELTSのスコアレポートを提出することなどが条件となる。

募集人数は15名。奨学期間は2023年8月~2024年5月。応募は今年8月31日まで。

プログラムの詳細

説明動画

関連URL

日米教育委員会フルブライト交流部

日米教育委員会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス