1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 高専生のディープラーニング活用事業コンテスト「DCON 2023」、エントリーを受付け

2022年7月4日

高専生のディープラーニング活用事業コンテスト「DCON 2023」、エントリーを受付け

日本ディープラーニング協会(JDLA)は、高専生によるディープラーニング活用事業コンテスト「第4回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2023」(「DCON 2023」)の公式ホームページを7月1日にオープンし、同日からエントリーの受付を開始した。

同コンテストは、高専生が日頃培った「ものづくりの技術」と、AI(人工知能)分野で特に成果を出す技術「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される「事業性」を企業評価額で競うもの。

約3年ぶりのオフライン開催となった前回大会「DCON 2022」は、全41チームがエントリーし、10チームが本選に進んでしのぎを削った結果、一関工業高専のTeam MJ「D-walk」が最優秀賞を受賞したほか、過去最高の10億円の企業評価額が3チームに付けられた。

また、「DCON 2023」へのエントリーを検討している高専生向けに、オンライン説明会を開催する。説明会では、開催概要やスケジュール、審査内容などについて詳しく案内する予定。

開催概要

【エントリーの概要】
エントリー期間:7月1日(金)~9月30日(金)
応募資格:全国の国公私立高等専門学校に在籍する学生(専攻科生を含む)〈応募時点で在籍していれば、本選時点で学校を卒業している人でも応募できる〉
応募作品:ディープラーニングとハードウェアを組み合わせた作品で、事業性に富むもの。1次審査では、書類選考のみのアイデアベースで構わないが、本選までには展示デモンストレーションおよびプレゼンテーションができるレベルまで完成することが前提
本選までの流れ:課題解決策を事業案として提出する1次審査、プロトタイプを制作し技術面での実現性を審査する2次審査を経て、本選出場チームを決定。本選出場チームは、高専出身者を含む事業経験豊富な起業家有志が各1人ずつメンターとして参画し、開発した作品の「事業性」を磨き、本選審査員のベンチャーキャピタリスト陣から企業評価額を勝ち取るためのプレゼンテーションに臨む

詳細・申込み

【オンライン説明会の概要】
・第1回:7月29日(金)16:00~17:00
・第2回:8月25日(木)16:00~17:00

詳細・申込

関連URL

前回大会「DCON 2022」の様子(アーカイブ公開)

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス