1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 高専ディープラーニングコンテスト「DCON」、デジタル庁主催の表彰で受賞

2022年9月21日

高専ディープラーニングコンテスト「DCON」、デジタル庁主催の表彰で受賞

日本ディープラーニング協会(JDLA)は20日、同協会主催の全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト「DCON」が、デジタル庁が主催する、2022年度デジタルの日「good digital award」教育部門で最優秀賞を受賞したと発表した。

DCONは、高専生が日頃培った「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される「事業性」を企業評価額で競うコンテスト。

ディープラーニングによる課題解決策を事業案として提出する1次審査、プロトタイプを制作し技術面での実現性を審査する2次審査を経て、本選出場チームを決定。

本選出場チームは、高専出身者を含む事業経験豊富な先輩起業家が各1人ずつメンターとして参画。 開発した作品の「事業性」を磨き、審査員のベンチャーキャピタリスト陣から企業評価額を勝ち取るためのプレゼンテーションに臨む。

最優秀賞に選ばれたチームには、起業資金100万円を授与。過去4回大会で38校・延べ138作品がエントリーし、最高企業評価額は10億円。また、出場後の起業支援でイノベーション創出のエコシステムを構築し、現在4社が起業している。

デジタル庁は、社会全体でデジタルについて定期的に振り返り、体験し、見直す機会として、2021年に「デジタルの日」を創設。

good digital awardは、「誰1人取り残されない、人に優しいデジタル化」に貢献している、又は今後貢献し得る個人や企業・団体をデジタル大臣が表彰するもので、9月9日に各部門優秀賞が選定・公開され、その中からさらに選定される形で今回、各部門最優秀賞が発表された。

関連URL

「DCON2023」

デジタル庁「good digital award」

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス