1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第1回全国高専ディープラーニングコンテスト」、11チームが本選に出場

2020年1月24日

「第1回全国高専ディープラーニングコンテスト」、11チームが本選に出場

日本ディープラーニング協会(JDLA)は23日、「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020」(DCON2020)の2次審査の結果、11チームの本選出場が決定したと発表した。

このコンテストは、高専生が日頃培った「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される「事業性」を事業評価額で競い合う全国大会。

2次審査では、海外招待枠などを含む1次審査を通過した全29チームが提出した説明資料やプロトタイプのデモ動画をもとに、技術面の実現性を審査。本選に出場する11チームを決定した。

本選に出場するチームには、JDLA理事と協力社の有志が各1人ずつメンターとして付き、本選までにディープラーニングを活用した作品の事業化を支援する。

4月23日の最終審査会では、作品の事業化を想定したピッチ(プレゼンテーション)で、事業評価額を競い合う。

本選出場を果たしたのは、佐世保工業高専、香川高専詫間キャンパス、沖縄工業高専、鳥羽商船高専(2チーム)、北九州工業高専、阿南工業高専、長岡工業高専(2チーム)、東京工業高専、モンゴル3高専連合。

本選開催概要

■展示
日程:4月21日(火)~23日(木)、展示時間は未定
会場:日本橋三井ホール[東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1・5F]
■ピッチ
日時:4月23日(木)9:00~12:00
会場:室町三井ホール&カンファレンス[東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス3F]
詳細

関連URL

日本ディープラーニング協会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス