1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソースポッド、漏洩アカウント自動検知「SPC Leak Detection」の導入が100大学突破

2022年7月13日

ソースポッド、漏洩アカウント自動検知「SPC Leak Detection」の導入が100大学突破

ソースポッドは12日、同社の、OSINTによる漏洩アカウント自動検知サービス「SPC Leak Detection」が、全国100大学・67万アカウントの導入を達成したと発表した。

「SPC Leak Detection」は、アカウント漏洩の自動検知・通知機能があり、漏洩時にはアカウント利用者に対応を働きかける機能を搭載。大学のシステム担当者の労力を最小限に抑えることができる。

手間なく不正アクセス対策ができるほか、漏洩状況の可視化や、学内のセキュリティリテラシー向上に効果があることから、幅広く評価され、今回、導入大学が100校を超えた。

「SPC Leak Detection」は、組織のメールアドレスとパスワードの組み合わせで成るアカウント情報が、ダークウェブを含むインターネット上に漏洩していないか、常時自動で検知・通知し、管理者だけでなく、アカウント利用者も漏洩情報を閲覧できるサービス。(特許出願中)

①組織ドメインのメールアドレスで成るIDとパスワードがセットになったアカウントの漏洩を常時自動で検知、②アカウント漏洩時は管理者・アカウント利用者双方に自動でアラート通知、③漏洩アカウントのパスワード情報をアカウント利用者個人が確認できる、④アカウント利用者のパスワード変更状況を管理者側で確認できる―というのが特色。

同社は、今後も情報漏洩に関わるインシデントを未然に防ぐため、OSINTによる漏洩情報自動検知サービスを随時強化し、サービスの拡充を進めていく方針。

関連URL

「SPC Leak Detection」

ソースポッド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス