1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小学館、バーチャル宇宙旅行しながら学ぶセミナー「はじめての宇宙視点教育」開催

2022年7月20日

小学館、バーチャル宇宙旅行しながら学ぶセミナー「はじめての宇宙視点教育」開催

小学館は、同社の教育情報サイト「みんなの教育技術」で、教員・保護者向けの夏休み特別企画として、バーチャル宇宙旅行をしながら学べる新感覚の教育セミナー「はじめての宇宙視点教育」を、8月5日にオンライン開催する。

当日の講師は、「宇宙の視点」を発見する、「STAR SPHERE(スタースフィア)」宇宙戦略プロデューサーの村木祐介氏。

同氏は、JAXA職員として国際宇宙ステーションや人工衛星の業務を歴任し、昨年3月まで文科省の研究開発局宇宙開発利用課に派遣。現在、クロスアポイントメント制度により、JAXA業務に加えて、ソニー×JAXA×東京大学の共同プロジェクト「宇宙感動体験事業/STAR SPHERE」の新規事業開発を、ソニー職員として担当している

同セミナーでは、これまで宇宙飛行士や一部の企業などのごく限られた人にしか持てなかった、様々な「宇宙の視点」の具体例と効用、地上にいながらにしてその視点を持つ方法について知ることができる。

「宇宙視点教育の授業の実際とは?」について、実際に村木氏が学校現場で行った授業から、授業や講座づくりのヒントを得ることができる。

ソニーが宇宙感動体験事業のために開発した没入感のある美しい映像によるバーチャル宇宙旅行体験を通して、参加者は1つの宇宙船に乗ったような感覚の中、普段と違う視座から教育を捉え直せる。

開催概要

開催日時:8月5日(金)18:00〜19:30(2週間程度のアーカイブ録画配信もあり)
開催方法:「Zoom」を利用してオンラインで実施(開催前日までに視聴用URLリンクとパスワードを送付)
主な内容:
・趣旨説明、スケジュール説明など
・村木氏による「宇宙視点教育」講座
対象:保護者、教育関係者ほか誰でも参加可能
参加費:2000円(税込)

詳細・申込

関連URL

小学館「みんなの教育技術」

小学館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス