1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「STAR Programming SCHOOL」、小中生200人の成果発表会31日開催

2019年3月29日

「STAR Programming SCHOOL」、小中生200人の成果発表会31日開催

小中学生向けプログラミング教室「STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)」は、3度目となる成果発表会「SPSアワード2019」を、3月31日に東京大学で開催する。

0329-stp当日は、関東にある同スクール16教室でプログラミングを学ぶ500人以上の小中学生の中から教室の代表として選出された約200人が、学習の集大成として自ら企画・開発を行ったプログラムを、東京大学・伊藤国際学術研究センターでプレゼンテーションする。

今回の発表会のテーマは、「○○な世界にしよう」。2~8人のグループで、それぞれ「こんな世界にしたい!」などと話し合ったうえで企画を考えた。

東京の大泉学園教室から参加するチームは、「水のきれいな世界にしよう」というテーマで、川、湖、海などに浮かぶゴミを集めて水をきれいにするシューティングゲームを披露する。

同スクールは、「自立」を促すプログラミング教室で、開校以降、子どもたちが自らの未来を切り拓く力を身に付けるカリキュラムの構築と指導を行っている。関西・関東圏を中心に、全国で53教室を開校(2018年1月現在。4月時点で73教室予定)。

開催概要

開催日時:3月31日(日)、10:20~17:05(開場:10:00)
開催場所: 東京大学・伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール[東京都文京区本郷7-3-1]
料金:無料
定員:100人程度(先着順)

詳細・申込

関連URL

STAR Programming SCHOOL

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス