1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ICT教材「すらら」「すららドリル」、経産省「EdTech導入補助金」に追加採択

2022年8月10日

ICT教材「すらら」「すららドリル」、経産省「EdTech導入補助金」に追加採択

すららネットは9日、経済産業省「EdTech導入補助金2022」への追加申請分が採択されたと発表した。

今回の追加採択で、実証期間中(7月下旬~2023年3月末予定)に、同社のICT教材「すらら」または「すららドリル」が無償で利用できる学校は、全国で累計261校、児童・生徒数は累計7万7000人以上になる。

今年のEdTech導入補助金は、複数回の申請が可能で、今回はその追加分の採択の結果。同社は今後も追加申請で、さらに多くの自治体・学校の活用の実現に取り組んでいく。

GIGAスクール構想は、コロナの流行で一気に加速し、全国の公立の小学校などの96.1%、中学校などの96.5%が、「全学年」または「一部の学年」で端末の利活用を開始している。

EdTech補助金事業では、端末の利活用に向けEdTechツールの経費の一部を補助することで、学校などの教育機関への導入を促進し、教育イノベーションの普及を後押しすることを目的としている。事業開始3年目の今年は、導入実績が少ない自治体への支援を重点的に行っている。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会 5教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブな eラーニング教材。

「すららドリル」は、アダプティブなドリルと自動作問・採点機能があるテストからなり、「すらら」の姉妹版として主に公立小中学校向けに提供されている。

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス