1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. バーチャル空間「oVice」、教育機関向け「オープンキャンパスキャンペーン」開始

2022年8月19日

バーチャル空間「oVice」、教育機関向け「オープンキャンパスキャンペーン」開始

oViceは18日、同社のバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を活用したオープンキャンパスの実施を検討している教育機関向けに、申し込み後すぐにオープンキャンパス用のバーチャル空間が利用できる「オープンキャンパスキャンペーン」を開始した。

同キャンペーンに申し込むと、利用用途に応じたサイズのレイアウトや各学部などを示す看板、個別相談用の会議室などが設定されたバーチャル空間が利用できる。

昨年利用したユーザーへのヒアリングをもとに空間作りを行っており、パソコンはもちろんスマホでも見やすい設計。準備期間が十分に取れない中でも、オンラインを最大限活用してオープンキャンパスを実施できる。

また、レイアウトや看板の内容などは自由に変更でき、同社スタッフに相談しながら空間設計することもできる。

oViceは、ウェブ上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間。

2020年8月のサービス開始以降、テレワークでのバーチャルオフィスやオンラインイベント、オープンキャンパスなど様々な場面での活用が進み、2022年5月時点で発行スペース数は2万6000件を突破。

キャンペーン概要

申込受付:8月18日(木)~(8月31日までに申込むと1カ月、それ以降の申込みは2週間のトライアルが可能)
対象地域:日本全国
対 象:教育機関
スペースのサイズ:
・「Standardサイズ」(推奨利用人数100人程度)
・「Organizationサイズ」(推奨利用人数250人程度)
利用用途:オープンキャンパスや模擬授業など
提供内容:利用の規模に応じたオープンキャンパス用のスペースを、申し込み後すぐに発行

申込

関連URL

「京都橘大学」オープンキャンパスの事例

oVice

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス