1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習プラットフォーム「Monoxer」、高校社会の定番「山川一問一答シリーズ」提供

2022年8月23日

学習プラットフォーム「Monoxer」、高校社会の定番「山川一問一答シリーズ」提供

モノグサは22日、山川出版社からライセンスを受け、学習プラットフォーム「Monoxer」上で山川一問一答シリーズの日本史、世界史、地理、現代社会、倫理、政治・経済を、導入教室に向けて来年4月1日からリリースすると発表した。

Monoxerは、大手塾・予備校から地域密着型の塾、学校現場で導入され、生徒の記憶定着を支援するためにさまざまな教科・用途で活用されている。このたび新たに、導入教室向けに山川一問一答シリーズの販売を開始した。記憶定着と相性の良い一問一答をMonoxerに搭載することにより、定期試験対策から共通テスト、一般入試まで、高校生の社会科目対策に活用できる。

Monoxerは生徒の正誤状況、忘却予測を踏まえて問題を出題。生徒一人ひとりに最適な量・順序・頻度で一問一答を繰り返すことで、効率よく確実に記憶することを可能にする。また、学習計画機能によりテスト直前の詰め込みに頼らない日々の学習を実現し、計画的な記憶定着を応援する。

このたびの提供開始を記念して、9月3日11:00からWebセミナー「『思考力』重視の社会科共通テスト対策~Monoxerを使った一問一答の有効活用~」を開催する。

セミナーの申込

関連URL

山川出版社

モノグサ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス