1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社の大学受験用英単語集4点を提供

2020年8月12日

学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社の大学受験用英単語集4点を提供

モノグサは11日、同社の記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」で、旺文社の大学受験用英単語集「英単語ターゲット1900」、「同1400」、「同1200」、「英熟語ターゲット1000」をベースにした教材をリリースした。

「Monoxer」は、生徒数が数万人の大手塾・予備校から、生徒数が数十人の地域密着型の塾、および学校現場での導入実績があり、生徒の記憶定着を支援するために様々な教科・用途で活用されている。

その一環として、今年3月から、旺文社の「英検でる順パス単」をベースとした英検対策教材を、「Monoxer」の法人利用ユーザーに向けて提供し、学校現場での英検取得ニーズの高まりにも応えてきた。

今回、中学生・高校生を中心に遠隔での学習や受験に向けた記憶定着を支援するため、同ターゲットシリーズを新たに提供することにした。

同ターゲットシリーズは、1984年以来のロングセラーの大学受験用英単語・英熟語集で、「でる順」「一語一義」という一貫したコンセプトで多くの大学受験生から支持を得ている。

今年1月には、「英単語ターゲット1900」、「同1400」、「同1200」の3点の改訂を行い、旺文社独自の大学入試データベースの分析に基づく最新の「でる順」を反映。

「Monoxer」上では、紙の書籍上では実現が難しい、音声再生機能やディクテーション機能を活用して、英単語・熟語の暗記だけでなく、例文をまるごと憶える、リスニング力を向上させるといった学習方法を付加することで、文法問題や英作文など幅広い応用力の向上が期待できる。

また、「Monoxer」の特徴である、記憶度の把握や記憶度に基づいた出題頻度や難易度の自動最適化で、どのレベルの人でも無理なく効率的に学習できる。

関連URL

旺文社

モノグサ

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス