1. トップ
  2. データ・資料
  3. アカリク、24年卒理系学生の「就活動向調査」レポート2022

2022年8月25日

アカリク、24年卒理系学生の「就活動向調査」レポート2022

アカリクは23日、24年卒理系学生272名に実施した「就職活動の動向調査」の結果を公表した。


「現在の就職活動に対する意識を教えてください」と質問したところ、「すでに就職活動をしている」学生が49.3%、「そろそろ就職活動を始めたい」が37.5%、「就職活動は行っているが思うように進んでいない」が10.7%。約6割の学生が6月の時点で就職活動を続けている。


「早期に就職活動を始めた理由について教えてください」と質問したところ、「サマーインターンに応募したいから」が39%、続いて「就職活動が早期化していると聞いたから」が23.9%、「早期で始めたほうが内定を得やすいと考えたから」が13.6%。サマーインターンへの応募と早期化による焦りが、早期に就活を開始する主な理由となっているようだ。


「アカデミアと民間のどちらに進むことになると思うか」と質問したところ、「民間企業に進みたい」と答えた学生が71.7%、23卒の回答(64%)に比べて民間企業就職希望者は増加している。

「民間就職を検討する際に特に志望している業界を教えてください(最大3つまで)」と質問したところ、「メーカー(化学・ライフサイエンス系など)」が最多で146、続いて「メーカー(機械・電機系)」が104、「IT業界」が103。メーカーやIT業界が人気がある。

「民間就職を検討する際に特に志望している職種を教えてください(最大3つまで)」と質問したところ、「研究開発職」が最多で195、続いて「技術職(品質管理・生産管理・工程管理など)」が113、「設計開発職」が86。民間企業への就職において研究開発職の希望が最も多い。

調査概要
調査概要:24卒理系学生「就活動向調査」
調査方法:インターネット調査
実施期間:6月10日~19日
有効回答:就職情報サイト「アカリク」に登録している2024年新卒の理系学生272名

関連URL

アカリク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス