1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 相模原市、「電子書籍・読書資料循環制度」の導入で子どもの読書を応援

2022年8月25日

相模原市、「電子書籍・読書資料循環制度」の導入で子どもの読書を応援

相模原市は、子どもの読書を応援し、読書をより身近に感じてもらえるよう、2つの新たな取り組み「子ども読書資料循環制度」と「小中学校及び義務教育学校と連携した電子書籍サービスの提供」を、9月からスタートする。

循環用コンテナ、POP、児童書セットの例

「子ども読書資料循環制度」は、図書館スタッフが厳選した絵本や紙芝居などの児童書約4600冊を新規購入。これを156セットに分けて、市内の保育園や児童館などの子ども関連施設に「おすすめ児童書セット」として送付。このセットを2カ月ごとに循環させる。

施設を利用する子どもたちは、定期的に入れ替わる新しい本を自由に読むことができ、より多くの本に出会い、気軽に本に触れられるようになる。

各施設に届くコンテナには、30冊程度の児童書と、図書館スタッフが子どもへの思いを込めて作った手作りPOPが入っている。児童書の組合せは約50通り。各施設に年間180冊の児童書を届け、活用してもらう。

循環対象施設は、同市立の子ども関連施設約120箇所(保育園、幼稚園、認定こども園、児童クラブ、こどもセンター、児童館、児童相談所及び陽光園)。

また、「電子書籍サービスの提供」では、児童生徒がタブレット端末などで利用できる電子書籍の閲覧・貸出サービスを、9月1日から開始する。

学校や自宅などでの学習に電子書籍が活用できるよう、学校と図書館が連携して実施するもので、「みんなで一緒に読める本」、「図鑑・辞典・百科」、「SDGsの本」などの特集テーマの中から授業や調べ学習などに活用できる。

同市立小中学校と義務教育学校の児童生徒は利用申請不要で1人あたり2点まで、貸出期間1週間以内で利用できる。一般の人も、利用申請すれば同様の利用ができる。

関連URL

「電子書籍サービス」(8月31日まで)

「電子書籍サービス」 (9月1日以降)

相模原市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス