1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 数研出版、電子書籍アプリ「エスビューア」に学校向けの2つの新機能搭載

2022年8月25日

数研出版、電子書籍アプリ「エスビューア」に学校向けの2つの新機能搭載

数研出版は24日、同社の電子書籍アプリ「エスビューア」に、学校向けの2つの新機能を搭載したと発表した。

エスビューアは、学習支援機能を備えた電子書籍アプリで、同社が発行する書籍をデジタル教科書・副教材として利用できまる。

今回、教師の授業運営を助ける機能として、教師―生徒間で宿題をやりとりする「宿題管理」と、生徒端末で問題の解答部分の表示有無を切り替える「表示制御」の2つを新たに搭載。

「宿題管理」機能では、宿題に出した問題が生徒の端末で一覧表示され、生徒側の解き忘れを防ぐことができる。

教育機関用のエスビューアでは、教師から生徒にオンラインで宿題を配信し、生徒から教師にもオンラインで宿題を提出できる。生徒が端末のエスビューア上で宿題を受け取って回答・提出すると、教師は一覧画面で把握でき、解答に至る過程を書き込んだノートの写真を添付することもできる。

たとえば、複数の参考書・問題集やStudyaid D.B.の問題を取り混ぜて宿題に出す場合、出題した問題が生徒の端末に一覧で表示され、生徒側での出題範囲の見落としを防ぐことができる。

一方、「表示制御」機能は、生徒側の端末で表示される画面に対し、「答」、「解説動画」などの「見せる/見せない」を教師側で制御できる。

たとえば、「問題だけ見せて答えを見せない」設定で宿題を出し、解き終わってから「問題も答えも見せる」設定に切り替えることで、生徒が自ら考え答えを導き出すよう促すことができる。「ヒントと略解だけは見られるようにして、詳解は見せない」といった細かい設定も可能。

紙の参考書や問題集に付属している解答冊子は1冊分すべての解答が書いてあり、あえて年度末に配っている学校もあるが、「表示制御」機能ではデジタルならではの利点として、1問ごとに解答表示の有無を切り替えることができ、より柔軟な運用ができる。

関連URL

「エスビューア」

数研出版

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス