1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「第1回自由すぎる研究グランプリ」エンターテインメント大賞は大妻多摩高校の小笠原優海さん

2022年9月7日

「第1回自由すぎる研究グランプリ」エンターテインメント大賞は大妻多摩高校の小笠原優海さん

トモノカイは6日、「探究」に取り組む全国の高校生の自由研究の大賞を決定するイベント「第1回自由すぎる研究グランプリ」の各賞を発表した。

高校の学習指導要領の改訂により、2022年度から 「総合的な探究の時間」という新しい学びが本格的に始まった。同大会はこの探究学習に対して、生徒や教員が今以上に楽しみながら取り組めるよう、そして未来を創造できる人が生まれやすくなるようにと始まった。

2022年4月から5月にかけて応募を受け付け、1次審査は大学生のべ1000人による投票を行い、2次・最終審査は各業界の企業8社が厳正な審査をした。
同社では、とにかく面白い研究に贈られる「エンターテインメント大賞」、未来の世の中を良い方向に変える役に立ちそうな研究に贈られる「イノベーション大賞」、とにかくぶっ飛んだ研究に贈られる「サプライズ大賞」を用意。最終結果を発表した。

エンターテインメント大賞に選ばれたのは、大妻多摩高等学校 2年 小笠原優海さんの『心地よい「音楽」を「数学」で奏でる』。心地よい和音について既存曲での使用の割合など検証を行った上で、3つの音を入力するだけで心地よい和音を明らかにするソフトを開発した。イノベーション大賞は、長崎県立長崎東高等学校 3年 黒岩夕綺さん(チーム代表)の 『バッタは養殖業を救うのか?』が選ばれた。サプライズ大賞については、今回は該当なしという結果になった。他にも奨励賞に晃華学園高等学校 2年 中槙結音さんの『リーダーシップ論から見るジャニーズエンターテインメント』他3作品が選ばれた。

「第1回自由すぎる研究グランプリ」

関連URL

トモノカイ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス