1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. VISH、「園支援システム+バスキャッチ」の利府おおぞら幼稚園への導入事例公開

2022年9月9日

VISH、「園支援システム+バスキャッチ」の利府おおぞら幼稚園への導入事例公開

VISHは7日、「園支援システム+バスキャッチ」を活用して保護者の利便性向上と職員の業務負担軽減を実現した利府おおぞら幼稚園の導入事例を公開した。

同園がシステム導入に至った一番の理由は、バスの運行管理。雪が降るとバスは大変渋滞し、保護者を待たせることもあった。また、朝の保育準備を行う時間に欠席連絡の電話を受けることも大変であり、風邪などが流行る時期は電話が鳴り止まず、保護者にとっては欠席の電話をしてもなかなか通じないこともあったという。

預かり保育もニーズの高まりに伴い、預かり方のパターンが増え、人力で対応する限界が近づいていた。料金徴収も現金でその都度行っていたがミスなども発生。これら、保護者に不便をかけるだけでなく、教職員にとっても大きな負担となっていた。

「園支援システム+バスキャッチ」導入後、バスにはGPS車載器を搭載して「バスの到着案内メール」を保護者に送信。保護者はいつバスが来るのかがわかるようになり、長時間バス停で待機することがなくなった。また、欠席の連絡もれんらくアプリで行えるようになり、職員の負担軽減になるなどさまざまに課題が解消されたという。

2010年にリリースされた「園支援システム+バスキャッチ」は、園バス運行情報、園児管理を中心に、保護者の連絡手段のデジタル化、教職員の働き方改革に寄与する低価格なクラウドサービス。2022年9月時点で、全国2100以上の幼稚園・保育園・認定こども園で利用している。

関連URL

導入事例記事全文

園支援システム

VISH

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス